どうしても10万円必要な場合の最終手段は?手元にお金がない状況ならカードローンやキャッシングから借入するべき?無職だけど大至急返済したい!

どうしても10万円な状況で困っている

どうしても10万円が必要な状況で困っている方はたくさんいらっしゃると思います。本当にお金がなくて苦労したことが私にもありますから、その状況がよく理解できるのです。

大至急お金が必要だけれどどうすることもできないというのは、本当に辛いものだということを身をもって体験しています。

仕事をしていて給料も貰っているはずなのに、なぜか借金の返済がなかなか追いつかない状況だったのです。

最初は毎月5000円くらいだった借金の金額が、3万円5万円、そして10万円と増えていってしまったのです。私の場合はそんな感じでした。

気づいたときにはもう遅く、給料だけではとても払えないという状況になってしまっていたのです。

冷静に考えれば給料の半分以上の金額を借金するということはありえません。しかしなぜか当時はキャッシングやローンを組むことに対する抵抗が薄かったのです。

これぐらいならまだ返せるなと、なぜかとても楽観的な気分でお金を借りてしまったのです。もしかすると感覚が麻痺していたのかもしれません。

また当時の私はサラリーマンをしていたのですが、サラリーマンって社会的な信用があるんですよね。たとえ給料安かったとしても会社という看板がありますから、いろんな金融機関がお金を貸してくれるのです。

それに甘えて自分はどんどん借入金額が増えてしまっていたのです。

スポンサーリンク

手元にお金がないけどキャッシングやカードローンというものがあるらしい

手元にお金がない時に一番頼りになりそうなのがキャッシング、つまりカードローンです 。私も利用していましたが、果たしてどう付き合うべきかというのを少し考えてみましょう。

私が消費者金融を利用していたのは今から少し前ですが、当時はかなり金利が高い時期でした。いわゆるグレーゾーンと言われる金利を各社は採用していました。ですから返済がとても大変だったことを覚えています。

しかし現在は法律が整備されてきて、悪質な業者というのはほとんどいなくなってしまいました。借金によって生活が破綻してしまった人があまりにも多くなってしまったため、政府が本腰を入れて対策を立てた結果です。

もちろん中には違法なことを行っている業者も一部いるかもしれません。しかしその大半は健全な経営をしています。

上場している企業も多いですし、テレビCMなども頻繁に流れているくらいですからね。真っ当な会社でなければテレビで宣伝することなんてできません。

ですから有名な会社であれば、それほど心配する必要はないということですね 。

以前は本当に大変だったのですが、今はそれほど心配することはないでしょう。

至急借入の返済が必要な場合の最終手段は? 

現在お金に困っている方の中には、何らかの理由で働くことが出来ずに無職だという人もいるかもしれません。

カードローンを組んでいた時期はサラリーマンをしていたけれど、今は辞めてしまって無職になってしまったという人もいるでしょう。

でも借金だけは残っているとなれば、かなりまずい状況ですね。

無職というのは基本的にお金を借りることができません。もし借りるとしたらかなり怪しい可能性が高いです。ですからたとか借入が可能だとしても利用するべきではありません。

しかし返済が遅れるとますます金利は高くなってしまいますのも事実です。だから無視するわけにはいかないんですよね。

そういうジレンマな状況に陥った時、果たしてどうすればいいのか段を考えてみましょう。

一番いいのは親に相談してみることです。とても言いづらいことだというのは私も充分に理解しています。しかし無条件にあなたのことを愛してくれているのは、俺だけだというのも事実です。

親友や恋人に相談しても解決することはかなり難しいでしょう。そにお金を貸してくれる可能性は限りなく低いです。さらに人間関係が壊れてしまうことも充分にありえます。

ですから恥ずかしいかもしれませんが、親を頼ってみることは悪いことではありません。

もちろん親にも事情がありますから、本当にお金を借りれるかどうかというのは分かりませんが。

でも全てを話せる親しかいない方も多いでしょう。だからまずはお話だけでもしてみるのがいいかもしれませんね。

他には親戚から借りる方法もあります。私はやったことがないのですが、知り合いはこの方法で上手くいったようです。

ですから順番としてはまずは親、次は親戚というのは良いでしょう。それが私がお勧めする方法です。

スポンサーリンク

債務整理は利用するべき?

ここまでいろんなお金の返済方法を話してきましたが、それでも無理だという方もいらっしゃるでしょう。

借金をしていて収入もない。そして無職の状態である。そして親も既に他界していて頼る人がいない。

そういった理由があればもうどうしようもないと絶望的な気持ちになっているかもしれません。

そんな時は一体どうすればいいのでしょうか?

冷静に考えるとお金を借りることは不可能なような気がします。でも最後に残された道が実は一つだけあります。それが債務整理です。

債務整理というのは簡単にいうと、現在のあなたの借金を整理するということです。

業務を担当している弁護士に依頼することによって、現在の借金が免除されたりすることもあります。全額ではない場合でも一部が免除されることもあります。

また着手期が無料という、いわゆる完全成功報酬制の場合も多いです。つまり申し込んだ時点ではお金はかからずに、成果が出た時だけ支払いが必要だということです。

ですから多くの場合、お金がない方にも申し込むこは可能です。

債務整理と言うとなんとなく後ろめたい気持ちがあるかもしれません。しかしこれは法律で認められた真っ当な行為です。

お金に困っている状況を誰にも話せない気持ちはよくわかります。ですが、弁護士の先生には全て話してみてはいかがでしょうか?きっと親身になってくれるはずです。

最近では電話やメールなどでも相談を受け付けてくれるところが多いです 。

何も失うものありませんから、あなたの現状を変えるために至急利用してみることもいいかもしれません。