Category

  • 所有権移転登記のしくみ
    • 買主が権利者、売主が義務者
    • 売買と相続で異なる点
    • 遺贈を受けるときの注意点
    • 胎児や未成年者が当事者になるとき
    • 売主または買主が死亡しているとき
    • 抵当権付不動産を購入するとき
    • 不動産取得と同時に抵当権を設定するとき
  • 所有権移転登記に必要な書類など
    • 主に売買契約書など「登記原因証明情報」
    • これがないと少し面倒「登記識別情報」
    • 売主の売却意思を確認する「印鑑証明書」
    • 本人の実在を担保する「住所証明情報」
    • 当事者が法人のとき必要「代表者事項証明書」
    • 登記原因で異なる「登録免許税」
    • 遺言書・戸籍謄本など「その他の特別な情報」

不動産所有権移転登記をやってみよう

不動産関連の手続きの中でも、手間がかかるとされているのが登記です。専門家に頼まなければできないというような認識も高く、敷居の高いものとして存在しています。しかし実際はそうではありません。所有権移転登記は専門家の手を借りず自分で行うことも十分可能です。自分で法務局へ言って順番どおりの手順を踏めば誰でも可能となるでしょう。また多少の不備があった場合も、書類を受け付けるときにしっかりとチェックをして指摘してくれるので安心して行うことができます。また相談しながらもできるので、行き詰ることもあまりないでしょう。専門家に依頼する分の費用を浮かすことができます。

ただ、やはりどうしても手間はかかります。書類を集めたりする場合に個人の力では大変な部分も出てくることでしょう。それを乗り越えられるかられないかが大きなポイントとなります。面倒くさいことでもやり遂げるような意思があれば、問題なくこなすことができることでしょう。ここでは所有権移転登記に関しての情報を紹介していきたいと思います。はじめから専門家に任せてしまったほうが楽ですが、自分で挑戦して、やってみるのも良いでしょう。一度できれば、感じをつかめるはずです。

不動産所有権移転登記をやってみよう

所有権移転登記のしくみ

所有権移転登記についての紹介をしていきます。

所有権移転登記に必要な書類など

所有権移転登記に関して必要な書類を紹介します。